2016年09月22日

小さな虫くんが自転車のパンクを直したよ~

1DSC04832.jpg
気候も涼しくなり、サイクリングGOGOダッシュ(走り出すさま)するのに
いい季節になってきましたねるんるん
自転車のお手入れでもと思って空気入れでシュポるんるんシュポるんるん
タイヤに空気を入れていましたらがく〜(落胆した顔)

1DSC04728.jpg
車輪についている空気を入れるこの部分。
黒いキャップを閉じてもシュパシュパシュパーダッシュ(走り出すさま)
と、空気が勢いよくぬけていく音が止まらないのですがく〜(落胆した顔)

その下のネジもー(長音記号2)締めてみたり、黒いキャップの上から
手(パー)手で押さえてみたりもしましたが
炭酸のペットボトルを開けた瞬間のような音が止まりません。

焦ってあせあせ(飛び散る汗)焦ってあせあせ(飛び散る汗)両手で手(グー)手(グー)押さえてみましたがだめで、
もう一度空気入れでシュポシュポやり直し、急いで黒いキャップを閉じてみるも
やっぱりシュパシュパシュパーっダッシュ(走り出すさま)
勢いよく空気が抜け出す音が止まりませんふらふら

それでまた空気をシュポシュポ入れることを繰り返していたのですが。
(この作業結構ちっ(怒った顔)力がいるのです)
ついには力尽きてしまいまして。

1DSC04724.jpg
タイヤがこんなことになっちゃいましたがく〜(落胆した顔)
レールからもはずれているようにも見えますし、
ペッタンコのペロンペロンになっちゃいました。

タイヤが破れちゃったのかなー?
自転車屋さんに行くにも、この状態のまま押していけず、
車(RV)車に乗せるのも至難の業だし、しばし途方に暮れておりました。

1DSC04831.jpg
とりあえず、自転車は置いておいて、自転車屋さんに行って
状況を説明してみると、
きっとこれでいけるよ。水でぬらしてからすると入れやすいよ」と
こんな物を出してきて下さいました。
虫ゴムというもので、細いストローをゴムにしたような感じのものです。

1DSC04819.jpg
自転車屋さんで教えていただいた通り早速やってみることに手(グー)
まずは車輪にある空気を入れる所の部品をぬいてみると
矢印の所のゴムが朽ちてなくなっていました
ここに先ほど手(グー)Getしてきた虫ゴムをつけます。

1DSC04833.jpg
アドバイス通り、たらーっ(汗)水にぬらしてからギュウギュウ入れていきます。
きついですが、根元まで虫ゴムをかぶせていかないといけないみたいです。

1DSC04834.jpg
そして元の位置に差込み。
1DSC04835.jpg
空気入れでシュポるんるんシュポるんるん入れてみました。
わっわーい(嬉しい顔)。今度は大成功です。
仕上げに黒いキャップを閉じたら空気もれもなく
パンパンにタイヤが元通りに直りました。

大掛かりな修理になっちゃうのかなと思っていましたが、
虫ゴム代105円で簡単に直っちゃいましたわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

皆様ももし自転車のタイヤがパンクかな
と思うことがありました時は車輪の空気を入れる場所の部品を
ぬいた所の先に巻いてある黒いゴムが朽ちていないか
一度サーチ(調べる)点検してみて下さい。
タイヤではなく、虫ゴムのさしかえだけで簡単に直るかもしれませんよ。




コッカーグッズと犬雑貨のお店→アメコカ州コッカ村

皆様のブログにも↓こちらから遊びに行ってみて下さいね。
にほんブログ村 犬ブログ 犬用品・グッズへ
にほんブログ村

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ご覧頂ありがとうございます。るんるん
posted by Moppy at 23:59| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする