2017年10月20日

素朴を感じるホクホク北海道のお土産

1DSC06546.jpg
北海道プレゼントお土産をいただきました。
(株)南富良野町復興公社さんのバタじゃがです。

1DSC06552.jpg
真空パックの個包装になっています。
1DSC06548.jpg
電子レンジ・オーブントースター・または熱湯で茹でるか
どれかの方法であたためます。

1DSC06550.jpg
とりあえず1個やってみることに。
フォークで数箇所穴をあけて、電子レンジの600Wで1分チンるんるん

1DSC06565.jpg
ホクホクいい気分(温泉)あつあつるんるんです。
じゃがいもは男爵いも使用で一箇所穴が開いていて
そこにバターが注入してあったみたい。
電子レンジでとけて袋の底に少量液体となってたまる感じです。

1DSC06573.jpg
皮は簡単にするっとむけます。
袋から出した瞬間バターの香りはすごくするのですが、
レストラン食べてみるとお塩もバターの味もほぼない
とっても素朴なお味でした。

1DSC06547.jpg
カメラ写真ではわかりづらいかもしれませんが、
お好みでバターやお塩を加えるとよりいっそう
おいしく召し上がれます

といった文字のところがサーチ(調べる)大文字になっていました。
もうちょっと味付けした方がいいみたいです。


それにしてもこのバタじゃが
加工食品の特産品がなかった南富良野町にデビューしたのですが
話をもちかけてきた加工業者さんに売上金を
人影持ち逃げがく〜(落胆した顔)されてしまったところから始まったようです。

それでも続けようと商品を作ってみるも消費期限内に
変色して味が変わって劣化しまうということも相次ぎ
試行錯誤して改良を重ねたとのこと。

バターも以前の四葉や雪印から他へ変更。
バターが不足していた時期もあるから
たぶんコスト面もあったのかもしれませんね。

ふらふら苦労にふらふら苦労を重ねたのがうかがえます。
そんなことも正直にペン書いているところにも素朴さを感じました。
こちらのページに詳しく載っています。
http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/ss/srk/020_batajyaga.htm

1DSC06551.jpg
商品にサーチ(調べる)表示されているHPをご紹介しようと思ったのですが
表示のURLを開いてみると目

1DSC06696.jpg
あれっがく〜(落胆した顔)?れれれ目
打ち間違えていないか何度も目確認してみたのですがやはり
404NOT FOUND」と出てきます。
ここでも素朴さを感じました。
素朴な風土と頑張っておられる物語が伝わってくるようでした。

本州から北海道へ飛行機飛行機で行かれる方は、
これからの時期、飛行機上空からの景色が綺麗ですよ。
飛行機Flight中目下界に広がる見渡す限りの紅葉がご覧いただけます。
るんるん


コッカーグッズと犬雑貨のお店→アメコカ州コッカ村

皆様のブログにも↓こちらから遊びに行ってみて下さいね。
にほんブログ村 犬ブログ 犬用品・グッズへ
にほんブログ村

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ご覧頂ありがとうございます。
posted by Moppy at 23:59| お土産(日本:北海道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする